【日本EVフェスティバル】電気カートのジムカーナ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【日本EVフェスティバル】電気カートのジムカーナ
  • 【日本EVフェスティバル】電気カートのジムカーナ
  • 【日本EVフェスティバル】電気カートのジムカーナ
  • 【日本EVフェスティバル】電気カートのジムカーナ
  • 【日本EVフェスティバル】電気カートのジムカーナ
  • 【日本EVフェスティバル】電気カートのジムカーナ
3日文化の日、茨城県筑波サーキットにて、日本EVクラブ主催の「日本EVフェスティバル」が開催され、電気カートを使用したジムカーナ競技「ERKデュアルジムカーナ」が行われた。

ERKデュアルジムカーナは、ERK(エレクトリックレーシングカート)を使用したジムカーナ競技。ホームストレッチに背中合わせに同型のコースを設置、2台同時に走行し先にゴールしたほうの勝ち。

競技は、バッテリーの電圧が48ボルトの「ERK-1」クラスと72ボルトの「ERK-2」クラス、そして今年はチウムイオンバッテリーを搭載した「スペシャル」クラスが加わり、クラス別にトーナメント戦で競われた。

バッテリーは1セット、1チーム3人で、1回戦は1人2トライ、チームで6トライして、勝率で勝つと2回戦へと進む。

参加者の中には、富士重工(スバル)、ダイハツのメーカーによるワークスチームも参戦していて、さすがにワークスということだけあって、マシンの仕上がりがとてもきれい。

電気カートは、パワースライドさせてターンができるほどで、なかなかパワフル。ゆえにドライバーを熱くさせるのか、スピンも続出、勢いあまってクラッシュするマシンもでてしまった。ドライバーは無事。

2回戦以降は1チーム1トライの勝ち抜き戦、1回戦で消耗したバッテリーの性能差も大きく影響したが、勝敗は結果的にはドライバーの腕によるものだった。
 
結果は以下の通り。

●ERK-1クラス チーム成績
優勝:チーム奥田『ZEK-00改改』
2位:トヨタ東京整備専門学校『FREE Run Ver.』 
3位:工学院大学FCEVプロジェクト『YAMAMOTO2006』

●ERK-2クラス チーム成績
優勝:ミツバ『EV328 Type2』
2位:千葉県自動車大学校『CATS ERK』
3位:富士重工『ERK試作1号』
4位:ダイハツ『ダイハツチャレンジカート02』

●スペシャルクラス チーム成績
優勝:Team GAIA『愛ランドII』
2位:日本EVクラブ『ZEK03 Li ADVAN』
《》

編集部おすすめのニュース

特集