走行中の画像乱れをワンセグに自動切替…ケンウッド、チューナー新発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

走行中の画像乱れをワンセグに自動切替…ケンウッド、チューナー新発売
  • 走行中の画像乱れをワンセグに自動切替…ケンウッド、チューナー新発売
ケンウッドは、今後の急速な普及が予想される地上デジタル放送に対応した車載用地上デジタル(12セグ/ワンセグ)TVチューナー『KNA-DT13』を12月中旬から発売すると発表した。

KNA-DT13は、高画質・高音質な12セグ地上デジタル放送(12セグ放送)と、より広い範囲で安定して受信できるワンセグの両方に対応した車載用地上デジタル(12セグ/ワンセグ)TVチューナーだ。電波状態を感知して12セグ放送とワンセグを自動で切り替える機能を搭載しているため、走行中に弱電界エリアに入って12セグ放送の受信が困難になった場合でも、自動的にワンセグに切り替わり、手動による切り替え操作の必要が無い。

さらに、汎用性の高いコンポジット接続仕様とすることで、カーナビゲーションシステムなどモニターシステム側にRCA(映像/音声)入力端子が装備されているほとんどのモニターシステムを活かして地上デジタル放送を見ることができる。

価格は9万9750円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集