【EVS22】小型大衆車のハイブリッド化を意図するトヨタグループ

自動車 ニューモデル 新型車

【EVS22】小型大衆車のハイブリッド化を意図するトヨタグループ
  • 【EVS22】小型大衆車のハイブリッド化を意図するトヨタグループ
アイシン精機はEVS22に、ロボットMTと組み合わせた、パラレルハイブリッド車用変速機を参考出品した。モーターの位置がクラッチより後方に位置するというシステム構成。

このシステムは、(1)クラッチを切ればエンジンを停止させたままモーターのみで走行することが可能、(2)反対に減速エネルギーを回収するときもエンジンブレーキの影響を受けない、(3)モーターを使ってクラッチの回転速度をエンジンと同調することができるため、ロボットMTの変速ショックを緩和できる——などのメリットを持つ。

半面、エンジンでモーターだけを回すことができないため、バッテリー残量が少なくなっても停車時に発電できないという短所もある。

トヨタのハイブリッドといえば、2個のモーターを装備し、発電、減速エネルギー回収、駆動力アシストを自在にコントロールする2モーター式の「シリーズ・パラレルハイブリッド」がよく知られているが、2モーター式はシステムが大型でコストも高く、大衆車への採用は難しい。

このロボットMTは『ヴィッツ』、『カローラ』など、価格的な制約の厳しい車種向けをハイブリッド化するためのコアユニットとなるものと推測される。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集