トヨタ、GAZOOで携帯とカーナビに連動した地図ブログを開始

自動車 テクノロジー ネット

トヨタ自動車は、会員制情報サイト「GAZOO.com」を顧客のカーライフをサポートする幅広い情報を集約した、顧客参加型のポータルサイトとしてリニューアルし、11月1日からサービスを開始すると発表した。

今回のリニューアルの主な特徴は、顧客が自由に参加できるブログ機能を随所に織り込んだこと、トヨタのG-BOOK対応ナビゲーションシステムとの連携の2点。

今年12月から開始する「G-BLOG」(ジーブログ)と称するブログサービスでは、顧客が携帯電話やインターネットからスポット情報を画像で紹介するブログをホームページの地図上に立ち上げ、公開できる。公開されたスポット情報は、トヨタのG-BOOK対応ナビの地図上にもアイコンで表示でき、ブログの内容をナビで読み上げたり、目的地として設定することが可能だ。

G-BLOGには、店舗やサービスなどを紹介したい一般企業や団体なども参画でき、公式スポットとして登録されたスポット情報には、固有のブランドマークも表示される。

現在、公式スポットとして参画が予定されているのは全国の農産物直売場などを紹介する「ふるさとニッポン倶楽部」、市内の観光スポットなどを紹介する「みちナビとよた」のほか、情報誌系企業など10企業、2団体であるが、トヨタとしては、今後も広く公式スポットへの参画を受け付ける方針だ。

また、G-BLOGでは、特定のスポット情報を集約した2つの専用ページ「Gazoo mura」(ガズームラ)と「iルートキャスティング」を設ける。

Gazoo muraは、村落などに居住する一般世帯にG-BLOGに参画してもらうことで、居住者自身が地域や個人の特産物、名所などを紹介することで、カーナビへの目的地設定を促し、マイカーによる訪問を誘致するもの。立ち上がり時においては、2−3地域での運営を予定しており、好評なら徐々に地域数を増やしていく。

また、iルートキャスティングは、お奨めのドライブコースを、ルートに沿った映像と音楽で紹介する動画ブログで、気に入ったルートをG-BOOK 対応ナビに設定できるだけでなく、動画と音楽を『iPod』にダウンロードして持ち歩くこともできる。

今回のリニューアルでは、G-BLOG以外にも、自動車関連の最新ニュースを扱う「Gニュース」、トヨタ車だけでなく、輸入車から国産車までの全メーカー車を扱う「クルマ情報」、欲しい中古車を顧客に代わって探したり、情報を集めてくれる有人オペレーターサービス「U-Car購入サポートデスク」など、多彩な新機能、新サービスを追加する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集