阪神高速でバイクETC化キャンペーンを実施

自動車 テクノロジー ITS
阪神高速道路では、二輪車ETCの本格運用にあわせ、ETC車載器購入などの費用に対して1万5750円を支援する「阪神高速二輪車ETC化キャンペーン」を実施する。

期間は11月24日−2006年1月31日。対象地域は、近畿2府4県(大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県)。

キャンペーンは、対象地域の「二輪車ETC車載器助成取扱店」で二輪車用ETC車載器を購入・セットアップ・取付を行い、アンケートに協力したユーザーが対象で、先着3000名にETC車載器購入などの費用に対して1万5750円を支援するもの。

発売当初の車載器は結構高いもの。このような支援が、道路事業者だけでなくショップやメーカーなどから行われると、車載器購入意欲が増すかもしれない。
《編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース