NEXCO東日本、積極的な不正通行対策を表明

自動車 社会 社会

8月22日、有料道路で通行料金を支払うことなく料金所から走り去る行為を繰り返していた不正通行者が、道路整備特別措置法違反の容疑で神奈川県警に逮捕された。県警の発表を受けて、NEXCO東日本(東日本高速道路)は、今後も不正通行対策に積極的に取り組むと表明した。

今回の容疑者は、横浜市内の横浜新道で150回もの不正通行を行った。NEXCO東日本は、不法に免れた通行料金と割増金(免れた額の2倍)を請求するとしている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集