アウディ A6オールロードクワトロ、新型を日本導入

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ A6オールロードクワトロ、新型を日本導入
  • アウディ A6オールロードクワトロ、新型を日本導入
アウディジャパンは8月22日、新型で2代目となる『A6オールロードクワトロ』を日本市場に発表、9月30日に発売する。新型A6オールロードクワトロには「3.2 FSI」と「4.2 FSI」の2グレードを設定。これによりA6のラインアップが一新された。
 
A6アバントの車体をベースとしたA6オールロードクワトロは、ステーションワゴンモデルの「アバント」と「SUV」との中間に位置づけられ、オンロード、ラフロードを問わず高いバフォーマンスとダイナミクスを提供する。このセグメントにおいて競合車は少ない。

エクステリアデザインは、ダイナミックなスタイリングを際立たせる専用デザインのバンバーやフェンダーアーチモールなど、ラフロード要素を組み合わせたもの。インテリアデザインもエレガントでスボーティな雰囲気を意図した。ボディカラー、デコラティプバネル、ファプリックも先代モデルから一新された。

ほとんどが高強度スチールとアルミニウムとで構成されたボディは堅牢で、対衝突性能に優れる。ボディサイズは全長:4935mm、ホイールベース:2845mm、快適に5人が乗車できるスベースを確保。荷物は最大1660リットルまで積載できる。

エンジンは、2種類のガソリン直噴エンジン:V6の3.2 FSI(255ps/188kW)とV8の4.2 FSI(350ps/257kW)が用意される。バワーを伝達するのは6速ティプトロニック。もちろん「クワトロ」フルタイム4WDが標準装備される。

アルミニウムを主に採用したサスベンションは、高レベルの俊敏性と快適な乗り心地を実現する。標準装備のアダプティプ・エアサスベンションは、新型A6オールロードクワトロ専用に設定された「オールロード」モードを追加した5段階で車高を調整する。

また、A6オールロードクワトロ用にラフロードモードを追加して専用開発されたESPエレクトロニック・スタビリゼーション プログラムは、荒れた路面でもトラクションを確保する。 

3.2FSI(右ハンドル)が790万円、4.2FSI(右ハンドル)980万円。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集