違法駐車民間委託の立役者 内閣情報調査室へ異動

自動車 ニューモデル 新型車

警察庁の石田高久警視(1985年入庁)が8日、警察庁警備局付で内閣情報調査室に異動した。6月の改正道交法の施行前後に、駐車対策プロジェクトチームの責任者としての重責を担った。

石田氏は、同庁総務課政策企画官兼交通局付として、2005年4月に着任。警察業務の専管業務であった違法駐車対策の確認事務を、初めて民間委託する改正道交法施行の準備を進めた。

後任は牛島雅人警視長。牛島政策企画官は組織犯罪対策部付兼警備局付を兼務する。ひとまず改正道交法の大仕事は終了したようだ。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集