【インプレ'05】河村康彦 プジョー『407』 実用よりも官能に振った性格づけ

試乗記 国産車

【インプレ'05】河村康彦 プジョー『407』 実用よりも官能に振った性格づけ
  • 【インプレ'05】河村康彦 プジョー『407』 実用よりも官能に振った性格づけ
“でかグリル”を採用の例のフロントマスクが云々よりも、異常なまでに長いフロントオーバーハングのお陰でガソリンスタンドへの出入り程度でもアプローチアングルを気にしなければならない点がまずはバツ。

おまけにフェラーリもかくや(?)というほど急傾斜のウインドシールドを支える前進配置の太いAピラーが視界に大胆に入り込み、運転中、つねにうっとうしいのもバツ。実用車なのにかくも気を使わなければならないのはイヤだ。一体どうしてこれほど妙なパッケージングになってしまったのだろう!?

もっとも、走ってみれば「我が辞書に“アンダーステア”の文字はない」というプジョーらしさは健在。本当はトルクフルなディーゼルエンジンとの組み合わせで乗ってみたいが、3リッターモデルのほうであれば動力性能にもそれなりの余裕が。

全長4.7m級のモデルとしては後席スペースはタイト。これもまた、フロントセクションの長さゆえか。

■5つ星評価
パッケージング:★☆☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

編集部おすすめのニュース

特集