【新聞ウォッチ】ホンダのヒコーキ野郎、苦節20年

モータースポーツ/エンタメ 出版物

【新聞ウォッチ】ホンダのヒコーキ野郎、苦節20年
  • 【新聞ウォッチ】ホンダのヒコーキ野郎、苦節20年
  • 【新聞ウォッチ】ホンダのヒコーキ野郎、苦節20年
気になるニュース・気になる内幕…今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップ、内幕を分析するマスメディアクルージング。

2006年8月9日付

●クルマが売れない(下):若者、女性に照準 アニメ、人気キャラ活用(読売・8面)

●ホンダ39年ぶりF1優勝 パワー偏重は脱却常勝復活なお課題(読売・13面)

●ホンダジェット事業会社、米に設立 欧州参入も視野(毎日・8面)

●「日本車メーカー、円安で不当利益」米ATPC(産経・8面)

●デンソー、米工場を増設(産経・8面)

●ガソリン最高値 143円台(日経・1面)

●日産への軽供給三菱自が継続(日経・1面)

●夏休み返上フル生産、薄型パネル、半導体、自動車はお休み(日経・13面)


ひとくちコメント

「正直、10年前までは『そこまでやらなくても……』という社内の声も強く、あきらめざるを得ないような雰囲気だった。だが、せっかく積み上げてきたその火を消したくないと思って、一生懸命情熱を傾けてきた」

ホンダが小型航空機「ホンダジェット」の開発や製造、販売を行う全額出資子会社を米国に設立したが、その社長に就任した開発責任者の藤野道格氏は、苦節20年、事業化にこぎ着けた心境を熱い思いでこう語った。

きょうの各紙には藤野社長のプロフィールを取り上げた記事はほとんど見当たらなかったが、藤野氏は1960年生まれの45歳。東大工学部航空学科を卒業後、ホンダに入社。本田技術研究所に配属され、「ホンダジェット」の研究開発一筋に取り組んできたヒコーキ野郎。技術者の層の厚さと人材の多様さはホンダの強みだ。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集