【インプレ'05】津々見友彦 マツダ『ロードスター』 万人に受け入れられるスポーツカー

試乗記 国産車

【インプレ'05】津々見友彦 マツダ『ロードスター』 万人に受け入れられるスポーツカー
  • 【インプレ'05】津々見友彦 マツダ『ロードスター』 万人に受け入れられるスポーツカー
エクステリアデザインはキープコンセプトのため、冒険を避けて、やや大人しさを受けるも、先代よりは変わった感が感じられる。インテリアでは、メーターパネルのクロノグラフのような精緻でメカニカルな演出も楽しいし、全体の質感も上がった。

動力性能は2リッターとなり、ぐっと低速トルクが増し、扱いやすくなった。中速トルクタイプで、0-400m加速は15秒台で軽快。6速MTも気持ちよくシフトでき楽しい。またブレーキも軽い踏力でよく効き、安心。が、ややコントロールがしにくいのは否めない。

ハンドリングはフロントサスの剛性が高いため、狙いどおりにトレースできるのは誉めたい。フロントが逃げないので攻めた走りでもスムーズにトレースできるのだ。それでいて、イタズラに神経質なハンドリングではないので、扱いやすいのも特徴。

オープンボディながら、シャシー剛性も高く、ハンドリングが正確。とにかくお買い得なスポーツカーだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。
《津々見友彦》

特集