三菱 ふそう キャンター、ディーゼルも新長期排出ガス規制をクリア

自動車 ニューモデル 新型車

三菱ふそうトラック・バスは4日、小型トラック『キャンター』を新長期排出ガス規制に適合させ発売した。ディーゼル小型トラックでの新長期排ガス規制適合は同モデルが初めて。

PM(粒子状物質)は、規制値より10%低減し「低排出ガス重量車認定」を取得した。今回の改良を機に、キャブ前面のトップマークを従来の「CANTER」から「FUSO」へと変更。ブランドを強く打ち出した。

同社は7月5日に、新長期排出ガス規制を小型トラックで初めてクリアした「キャンターエコハイブリッド」を発売した。これに続き、ディーゼルエンジン搭載車でも、新長期規制をクリアした。

メーカー希望小売価格意は、標準ボディータイプが355万4250円。シリーズ合計で年間3万8000台を販売する計画。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集