NEDO研究がスタート…目指せバイオマス燃料のブレークスルー

エコカー 燃費
バイオマス(生物由来)燃料技術のブレークスルーを目指した開発が今年度からスタートする。経済産業省系の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が「バイオマスエネルギー先導技術研究開発」として15件の委託先を決め、2年間の計画を始める。

トウモロコシやサトウキビ、天ぷら油や廃材など、バイオマス燃料の“原料”は多いが、製造効率の低さなどが普及の障害になっている。NEDOは2020年−2030年の実用化を想定し、委託の各研究テーマに関して「画期的」な技術を求めていくという。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集