【クライスラー300Cツーリング 登場】多様性のあるラゲッジスペース

自動車 ニューモデル 新型車
【クライスラー300Cツーリング 登場】多様性のあるラゲッジスペース
  • 【クライスラー300Cツーリング 登場】多様性のあるラゲッジスペース
  • 【クライスラー300Cツーリング 登場】多様性のあるラゲッジスペース
  • 【クライスラー300Cツーリング 登場】多様性のあるラゲッジスペース
  • 【クライスラー300Cツーリング 登場】多様性のあるラゲッジスペース
  • 【クライスラー300Cツーリング 登場】多様性のあるラゲッジスペース
  • 【クライスラー300Cツーリング 登場】多様性のあるラゲッジスペース
  • 【クライスラー300Cツーリング 登場】多様性のあるラゲッジスペース
押し出しの強いフロントマスクで、日本でもヒットモデルとなったクライスラー『300C』に待望のツーリングが追加(7月6日発表)された。このワゴンボディは、アメリカではダッヂブランドの『マグナム』として販売されているものだが、日本や欧州では300Cのマスクを移植して、『300Cツーリング』として販売が開始された。

ダイムラークライスラー日本、クライスラーグループマーケティング部の中村伸一さんは「昨年発売した300Cセダンは当社の目標を上回る好調な販売を見せています。そこに300Cツーリングを追加することで、Eセグメントにおける300Cのポジショニングがさらに強化されると思っています」

「300Cツーリングの魅力はセダン同様の広々とした居住空間に加え、多様性のあるラゲッジスペースです。さらに5.7リッターのV8・HEMIエンジン搭載車でも、BMWやアウディの3〜3.2リッターのワゴンモデルよりもお求めやすい価格設定にしています」という。

事実300Cツーリングのラゲッジルームは多様性に富んでいる。通常の状態だと、高さがないので、見た目にはそれほど広くは感じないのだが、フロアの下には大きなサブトランクが設けられているので、容量はBMW『5シリーズ』やアウディ『A6アバント』よりも大きい、630リッターを確保している。

また、リヤゲートもルーフの後端から上方に開くので、後方にスペースがないときでも開けることができるのは便利だ。さらに開口部も、リヤビューから想像する以上に大きいので、大きなハコものも意外とラクに載せることができそうだ。

300Cツーリングはセダン同様にウインドエリアが小さいので、外から見るとラゲッジのスペースも狭く見えるが、実際の使い勝手は悪くない。(つづく)
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

  • クライスラー 300C にツーリングワゴンを追加設定 画像 クライスラー 300C にツーリングワゴンを追加設定
  • クライスラー 300C のフラッグシップモデル「SRT8」を日本発売 画像 クライスラー 300C のフラッグシップモデル「SRT8」を日本発売
  • 【ニューヨークモーターショー06】クライスラー 300 にロングホイールベース 画像 【ニューヨークモーターショー06】クライスラー 300 にロングホイールベース
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース