市光工業、ヴァレオが中国に合弁工場を

自動車 ビジネス 企業動向
市光工業とヴァレオは、中国広東省に自動車用ランプを生産する合弁会社を設立したと発表した。現在、工場を建設中で、2007年4月から自動車用ランプを生産開始する予定だ。

新工場では、ヘッド、リア、その他自動車用ランプ製品を一貫生産する設備を整えた工場となる。新工場は市光法雷奥(佛山)汽車照明系統有限公司で、広東省佛山市に建設する。市光が50%、ヴァレオが50%の折半出資で、従業員数は2011年度に400人の予定。

新合弁工は、自動車用ランプ事業での市光とヴァレオの全世界での包括提携を具現化したもので、急速に拡大している中国の自動車市場をターゲットに合弁による現地生産に乗り出す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 広州ホンダ、アコードの累計生産が50万台 画像 広州ホンダ、アコードの累計生産が50万台
  • 鬼怒川ゴム、中国工場の生産能力増強が完了、分工場で生産開始 画像 鬼怒川ゴム、中国工場の生産能力増強が完了、分工場で生産開始
  • 東風日産、新本社屋が武漢に完成 画像 東風日産、新本社屋が武漢に完成
  • 市光工業、自動運転時代のライティングソリューションをVRで体験…東京モーターショー2019展示予定 画像 市光工業、自動運転時代のライティングソリューションをVRで体験…東京モーターショー2019展示予定

特集

おすすめのニュース