【ロータス ヨーロッパ 日本発表】ビジネスクラスのGT

自動車 ニューモデル 新型車

【ロータス ヨーロッパ 日本発表】ビジネスクラスのGT
  • 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】ビジネスクラスのGT
  • 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】ビジネスクラスのGT
  • 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】ビジネスクラスのGT
  • 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】ビジネスクラスのGT
  • 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】ビジネスクラスのGT
エルシーアイは20日、ロータスの新型、『ヨーロッパS』の日本発表会を行った。「『エリーゼ』、『エキシージ』がスポーツカーあるいはレーシングカーであるのに対し、ヨーロッパSはロータスの考える“GT”です」とエルシーアイ広報の松尾訓秀さん。

「ヨーロッパSは、スポーツカーとしての性能を有しながら、日々の暮らしの中で楽しめる実用的なクルマなのです」

「具体的には、まず乗降性の向上があります。エリーゼに対して、サイドシルを30mm低く、ドア上部を20mm高くし、乗り降りがしやすくなっています。またラゲッジ容量は、エリーゼやエキシージがヘルメットやレーシングスーツケース程度なのに対し、ヨーロッパSでは154リットルと充分に確保しています」

「さらにホイールベースの延長で、直進安定性や乗り心地の向上も実現しました。2.0のターボエンジンは、2000回転で最大トルクの90%を発生し、力強い低速時の加速と扱いやすさがあります」

「装備もGTとして、フルレザーのインテリア、カーペット、ツインエアバック、アルパインのオーディオ、エアコンが標準装備になっています」

ヨーロッパSの生産はこの6月に本国イギリスで始まり、日本へのデリバリーは9月頃を予定。
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集