ポルシェ、911GT3 の RS を欧州導入

自動車 ビジネス 企業動向

ポルシェ、911GT3 の RS を欧州導入
  • ポルシェ、911GT3 の RS を欧州導入
  • ポルシェ、911GT3 の RS を欧州導入
ポルシェAGは、10月以降にニュー『911GT3 RS』を欧州市場で導入することを決定したと発表した。

「RS」の名称は、伝説となっている1972年の『911カレラRS2.7』や「タイプ964」の『911RS』に採用された、きわめて優れた操作性とハンドリングによって傑出したスポーツカーに与えられる称号。これはニュー911GT3 RSにも受け継がれ、従来のRSモデル同様レース参戦を前提としたホモロゲーション用ベース車両となる。

エンジンは、総排気量3.6リットルで、最高出力415bhp/7600rpmを発生、最高回転数は8400rpmに達し、リッター当たりの出力は115.3hpとなる。この数値は先だってデビューした現行の「911GT3」と同じものだが、RSはさらに優れたパフォーマンスを発揮する。クロス・レシオ化された6速トランスミッションとシングルマス・フライホイール、20kg軽量化された車両重量によりエンジンの吹き上がりはさらに鋭くなる。

GT3 RSの0-100km/h加速は、GT3よりも0.1秒速い4.2秒で、200km/にはわずか13.3秒で達し、最高速度は310 km/hです。

ニューRSの特徴のひとつは、リアエンドが911 GT3よりも44mmワイド化されていること。マッスルなリアエンドはトレッドを拡大したもので、安定性の向上に加え、コーナリングフォースも向上した。

RSはGT3より20kg軽い1375kg。軽量化の実現のため、カーボンファイバー製調整式ウィング、プラスチック製リアリッド、プラスチック製軽量リアウインドウなどを採用した。これによりパワーウエイトレシオは3.3kg/hpとなっている。

将来、世界各国で開催されている主要なGT選手権に参戦するためのレギュレーションを念頭に、GT3 RSのロードバージョンではいくつかの技術的な変更が加えられており、レース仕様でも採用する予定。具体的な変更点としては、カーボンファイバー製ボディ部品に加えて、リアアクスルのスプリット式ウィッシュボーンを含むすべてのサスペンション部品など。

インテリアも、カーボンファイバーコンポジットによる2つの軽量バケットシートを標準装備し、クラブ・スポーツ・パッケージでも装備される。ボルト固定式のロールケージや、バッテリーメインスイッチ用のプリハーネス、ドライバー用の6点式シートベルト、消火器も装備される。

内装はブラックで、高品質のアルカンタラレザーがルーフライニング、ステアリングホイール、シフトレバーに採用する。

エクステリアカラーは、アークティックシルバーメタリックとブラックを設定、オプションとして、オレンジとグリーンも設定した。すべてのエンブレムとホイールは、ボディカラーとコントラストをなすようにオレンジまたはブラックになっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集