BMWの2006年、第1四半期は好スタート

自動車 ビジネス 企業動向

BMWの2006年、第1四半期は好スタート
  • BMWの2006年、第1四半期は好スタート
BMWグループは、定時株主総会で2006年第1四半期(1−3月期)の業績を報告した。BMW、MINI、ロールスロイスブランド合計の販売台数は前年同期比13.9%増の33万2923台を達成した。中でもBMWブランド単体では同18.3%増の28万3297台と大幅増となった。

MINIブランドは、オックスフォード工場の生産能力増強のための増築および設備改修に伴う生産中断により、同6.0%減の4万9519台となったが、中期的に見ると、MINIの年間生産台数は24万台まで増強される。超高級部門であるロールスロイスの『ファントム』の販売台数は、同15.1%減の107台だった。
 
販売台数の大幅な増加に加え、第1四半期は外的な収益悪化要因およびロールスロイス社株の他社株転換債の一時利益3億7500万ユーロの影響を受けた。グループの売上高は同12.2%増の116億1800万ユーロとなった。税引き前利益は同57.7%増の12億9600万ユーロに達した。ロールスロイス社株償還の一時利益を除外した税引き前利益は同12.0%増の9億2100万ユーロに達し、前年度の実績を大幅に上回った。税引き後利益は同80.6%増の9億4800万ユーロだった。
 
ユーロ高や原材料価格の高騰が第1四半期の収益にも悪影響を及ぼしたものの、外的な収益悪化要因は社内の効率性の向上や販売台数の増加で吸収した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集