【三菱 i 発表】プラットフォームの特性を生かしたデザイン

自動車 ニューモデル 新型車

【三菱 i 発表】プラットフォームの特性を生かしたデザイン
  • 【三菱 i 発表】プラットフォームの特性を生かしたデザイン
  • 【三菱 i 発表】プラットフォームの特性を生かしたデザイン
  • 【三菱 i 発表】プラットフォームの特性を生かしたデザイン
三菱『i』(アイ)のデザインは「MRプラットフォームの特徴の一つである軽快な走りをウサギに見立てた」「スポーツカーのドテッと地面に張り付く感じではなく、ウサギのようにぴょんぴょんと軽快に進む感じ」

デザイン本部デザイン推進部の大谷一郎さんは i のデザインを「サイドシルやベルトラインの線も含め“繭”のようなフォルムをモチーフにし、新しい生活が始まるというメッセージを“新芽の生えた豆”に例えた」と語る。

「安全に関しても、SUVのように“ボディが強くてガンガンぶつかっても自分は安全”というのではなく、自分にも周りに対しても優しいフォルム」「エンジンがフロントに無いことでクラッシュゾーンを多く確保できたMRプラットフォームの特性を生かしたデザインになっている」
《》

編集部おすすめのニュース

特集