【オーディオ試乗'05】石田真一 レクサス『GS』高い静粛性を持つ室内を活かしたサウンド

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【オーディオ試乗'05】石田真一 レクサス『GS』高い静粛性を持つ室内を活かしたサウンド
  • 【オーディオ試乗'05】石田真一 レクサス『GS』高い静粛性を持つ室内を活かしたサウンド
  • 【オーディオ試乗'05】石田真一 レクサス『GS』高い静粛性を持つ室内を活かしたサウンド
試乗したクルマ(レクサス『GS』)のオーディオは14スピーカーを搭載。5.1chサラウンドにも対応した「マークレビンソン プレミアムサラウンドシステム」装着車で、その実力をHDDにリッピングした音楽で堪能した。

HDDに登録されるデータ自体は圧縮オーディオなので高低は弱いが、普通のドライブで音楽を楽しむ程度なら違和感を覚えない。

クルマ自体の静粛性が非常に高いため、お気に入りの音楽とともに走ればゆったりとした気分に浸れることは間違いない。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集