ダイハツ、06年の軽市場は194万台プラスα

ダイハツ工業の国内営業を担当する神尾克幸副社長は19日、東京で開いた年末会見で、2006年の軽自動車市場について194万台程度との見通しを示した。05年は193万台と2年連続で過去最高となる見込みだが、来年についても軽自動車人気が続くとの想定だ。

自動車 社会 社会
ダイハツ工業の国内営業を担当する神尾克幸副社長は19日、東京で開いた年末会見で、2006年の軽自動車市場について194万台程度との見通しを示した。05年は193万台と2年連続で過去最高となる見込みだが、来年についても軽自動車人気が続くとの想定だ。

神尾副社長は、194万台の社内予測にはホンダの国内営業網の統合を織り込んでいないため「実際にはホンダさんの統合効果でもう少し拡大する」との見方を示した。ホンダは来年3月から国内全店で軽自動車を扱う。

ダイハツは当初、05年の軽市場は登録車のコンパクトカーなどに押され183万台規模と慎重に見ていた。ただ、「軽の商品力がわれわれの想定以上に評価された」(神尾副社長)とし、ダイハツとスズキの首位争いや日産自動車の商品拡充策もあって、大幅に増えたと分析している。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集