【フランクフルトモーターショー05】プジョー 407クーペ 登場

自動車 ニューモデル モーターショー

【フランクフルトモーターショー05】プジョー 407クーペ 登場
  • 【フランクフルトモーターショー05】プジョー 407クーペ 登場
  • 【フランクフルトモーターショー05】プジョー 407クーペ 登場
  • 【フランクフルトモーターショー05】プジョー 407クーペ 登場
  • 【フランクフルトモーターショー05】プジョー 407クーペ 登場
  • 【フランクフルトモーターショー05】プジョー 407クーペ 登場
プジョーは、ドイツで開催中のフランクフルトモーターショー(一般公開:17−25日)において、4人乗りの『407クーペ』を公開した。3月のジュネーブモーターショーで公開されたコンセプトカーの量産モデルだ。

407クーペのサイズは、全長4815×車幅1868×車高1400(mm)。オーバーハングはフロントが1080mm、リアが1010mmで、これは「407サルーン」よりもそれぞれ55mm、85mm長くなっている。またクーペ専用のサスペンションによりフロントが10mm、リアが23mm低くなっている。このため407クーペのめざすバランス、エレガンス、ダイナミズムの3つを実現するスタイルが生み出された。

3.0リットルV6・24バルブ・ガソリンエンジン(最高出力210bhp、最大トルク290Nm/3750rpm)を搭載したモデルは、最高速度が243km/h、0-100km/h加速が8.4秒。ギアボックスは6速のMTとATが用意されている。価格は3万8400ユーロ(518万円)から。

このほか、2.2リットル直4・16バルブ・ガソリンエンジン(最高出力160bhp、ギアボックスは6速MT)や、407シリーズとしては初のPEF(Particle Emission Filter=粉塵フィルター)を採用した2.7リットルV6・24バルブ「HDI」ディーゼル・エンジン(同205bhp、ギアボックスは6速AT)を搭載したモデルも用意されている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集