トヨタ スパシオを一部改良、オートレベリング機構採用など

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ自動車は、『カローラスパシオ』を一部改良し、8日から発売開始した。

今回の改良では、ディスチャージヘッドランプに、対向車への眩惑を少なくする光軸調整用のオートレベリング機構(ハロゲンヘッドランプはマニュアルレベリング機構)を採用した。また、外板色に、ホワイトパールクリスタルシャインをオプションで新たに追加設定した。

特別仕様車「X“Extraセレクション”」、「X“Extra セレクション・NAVIパッケージ”」、「X“Extraセレクション・スペシャル・パッケージ」やウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施した。

価格は「X」の1.5リットル、FFが161万3850円。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース