【EZ助手席ナビ】ケータイでカーナビ!? auが発表

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【EZ助手席ナビ】ケータイでカーナビ!? auが発表
  • 【EZ助手席ナビ】ケータイでカーナビ!? auが発表
  • 【EZ助手席ナビ】ケータイでカーナビ!? auが発表
  • 【EZ助手席ナビ】ケータイでカーナビ!? auが発表
  • 【EZ助手席ナビ】ケータイでカーナビ!? auが発表
1日、KDDI/沖縄セルラーとナビタイムジャパンが、au携帯電話を使ったカーナビゲーションサービス「EZ助手席ナビ」を発表した。9月8日よりサービスを開始する。

EZ助手席ナビは、その名の通り、パッセンジャー向けに道案内をするというもの。安全上の配慮から、ドライバーは使わないように警告がでる仕組みになっている。現在、カーナビを搭載していないクルマでの利用を想定しており、EZ助手席ナビとEZナビウォークを組み合わせることで、クルマから降りても使える統合的なナビゲーションシステムを目指しているという。

auは以前から歩行者向けのGPSナビゲーションサービス「EZナビウォーク」を提供していたが、今回の助手席ナビは同サービスの技術をベースにクルマ向けにサービスを改良。自動車案内専用の地図を配信するとともに、交差点名称の音声読み上げ、オートリルート機能などを用意した。また通信機能を持つ携帯電話の強みを生かし、VICS渋滞情報の取得と、渋滞情報を考慮したルート案内などテレマティクス的な機能も内包されている。

EZ助手席ナビの利用料金は2種類。1日(24時間)157円のコースと、月額315円のコースがある。対応機種はGPS機能搭載のCDMA 1X WIN端末で、サービス開始時はPENCK / W32SA / W31SA / W31T / W31CA / W31K / W31S / W22SA / W22H / W21CA(CA II) / W21T / W21S / W21SAが対応。

EZ助手席ナビは「ドライバー向けではない」という趣旨から、既存のカーナビと直接競合するものではない。しかし、気軽に使えるナビサービスとして、エントリーユーザー向けの製品には少なからぬ影響を与えそうだ。本サイトでは引き続き、EZ助手席ナビのレポートをお届けしていく。
《神尾寿》

編集部おすすめのニュース

特集