【スバル ハイブリッド】まずはレガシィベースの新モデルに搭載

自動車 ニューモデル 新型車

スバルは18日、新開発したハイブリッドユニットを発表した。07年には『レガシィ』をベースとする新モデルに搭載する。当初は少数を販売、その後は市場のニーズに合わせて適宜生産を拡大していくという。

新型ハイブリッドユニット「ターボパラレルハイブリッド(TPH)」は、エンジンと変速機のあいだに発電機と動力モーターを兼用するモーター・ジェネレーターを1基はさみこんだパラレルハイブリッド方式。ちなみに変速機はトルクコンバーター式AT、駆動方式はフルタイム4WDのみとなるという。

TPHのモーターはエンジンに直付けされ、クランクシャフトと等速で回転する。原理や機構はホンダのパラレルハイブリッド「IMA」のモーターアシスト部に似ているが、モーターのスペックは最高出力10kW(13ps)、最大トルク150Nm(15.3kgm)と、15kW・103NmのIMAに比べてトルク重視のセッティングとなっている。

スバルは2003年、強力な電源部と100kWという大出力モーターを備えたシリーズ・パラレルハイブリッド「SSHEV」システムを提案していたが、その計画は事実上キャンセルされた。「当分のあいだ、このターボパラレルハイブリッドがスバルのハイブリッドカーの基本ユニットになります」(スバルHEV開発部・渡辺謙三氏)。

パラレル方式となったのは「純粋にコストと商品の問題」(渡辺氏)という。モーターの出力への依存度が高いSSHEVは高価格にならざるを得ない。それよりは高出力エンジンの低回転領域をモーターで補うパラレル方式のほうが、価格や商品力の面で有利との判断だ。

《井元康一郎》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集