【ホンダ ステップワゴン 創った人】その1 これからのミニバンのカタチ…蓮子末大チーフエンジニア

自動車 ニューモデル 新型車

【ホンダ ステップワゴン 創った人】その1 これからのミニバンのカタチ…蓮子末大チーフエンジニア
  • 【ホンダ ステップワゴン 創った人】その1 これからのミニバンのカタチ…蓮子末大チーフエンジニア
  • 【ホンダ ステップワゴン 創った人】その1 これからのミニバンのカタチ…蓮子末大チーフエンジニア
  • 【ホンダ ステップワゴン 創った人】その1 これからのミニバンのカタチ…蓮子末大チーフエンジニア
  • 【ホンダ ステップワゴン 創った人】その1 これからのミニバンのカタチ…蓮子末大チーフエンジニア
  • 【ホンダ ステップワゴン 創った人】その1 これからのミニバンのカタチ…蓮子末大チーフエンジニア
  • 【ホンダ ステップワゴン 創った人】その1 これからのミニバンのカタチ…蓮子末大チーフエンジニア
「これが『ステップワゴン』?と思われるぐらい、さまざまなところを変えていますが、ワタシは、このクルマがこれからのミニバンを表すスタイルだと思っています」と、新型ステップワゴンの開発責任者を務めた蓮子末大(はっしすえひろ)さんは、こう語り始めた。

「新型は先代に比べて全長を45mm、全高を75mmも小さくしています。そしてデザイン的にもスクエアな形状を止めました。これはサイズ的にも視覚的にも、大きなクルマで運転が難しいというイメージを払拭したかったからです。平日にミニバンを運転される奥さんに向けて、ラクに運転してもらうことができるように、小型化を図りました」と続けた。

事実、新型ステップワゴンを運転してみると、じつに扱いやすくなっている。短くなった全長の効果もあるが、タイヤの切れ角が大きいので取り回しがラクになっている。前方サイドには大きな三角窓があるので、右左折時の進行方向も見やすい。視界が開けているから、大きなクルマを運転している気がしないのだ。それでいながら、室内が狭くなっていないのがいい。

蓮子さんは「ステップワゴンを名乗るからには、先代のいいところは踏襲したいと思いました。それが室内の居住空間です。ボディは小さくなっていますが、室内長や室内高は先代と同じ数値を確保しています。取り回しは奥さんのためですが、室内の広さはお子さんに喜んでもらうために必要です」

「そしてセダン並みに磨き上げた走りは、週末にハンドルを握るお父さんのためです。つまり新型ステップワゴンは、家族全員の思いをかなえてくれるミニバンなのです」と説明してくれた。

確かにクルマが一台しかない家庭では、平日は奥さんがハンドルを握ることになる。新型ステップワゴンが小さくなった理由のひとつには、平日の女性中心のクルマの使われ方に対して、ストレスを感じさせない運転を提供したいという狙いがあるからだ。(つづく)
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集