【アストンマーティン V8ヴァンテージ 日本発表】ニュル8分8秒、頂点の走り

自動車 ニューモデル 新型車

【アストンマーティン V8ヴァンテージ 日本発表】ニュル8分8秒、頂点の走り
  • 【アストンマーティン V8ヴァンテージ 日本発表】ニュル8分8秒、頂点の走り
  • 【アストンマーティン V8ヴァンテージ 日本発表】ニュル8分8秒、頂点の走り
  • 【アストンマーティン V8ヴァンテージ 日本発表】ニュル8分8秒、頂点の走り
  • 【アストンマーティン V8ヴァンテージ 日本発表】ニュル8分8秒、頂点の走り
  • 【アストンマーティン V8ヴァンテージ 日本発表】ニュル8分8秒、頂点の走り
レーストラックをアグレッシブに攻め立てられるだけの走りのポテンシャルを併せ持っていることだ。

世界の自動車メーカーがテストを行うことで知られるドイツ、ニュルブルクリンクサーキット北コース(全長20.8km)において、V8ヴァンテージは8分8秒というラップタイムを叩き出したという。

この数字はジャガー『XK』をベースとし、6リットルV12を搭載していたアストンマーティン『DB7GT』の8分23秒はもとより、兄貴分にあたる『DB9』タッチトロニック(パドルシフトAT)の8分16秒、さらにはポルシェ『911カレラ』(8分15秒)、フェラーリ『360モデナ』(8分9秒)といったリアルスポーツカーをも上回る。

このサーキットでV8ヴァンテージの前を走ることができるのは、同じアストンマーティン製で520psを発生するV12搭載のモンスター『V12ヴァンキッシュS』、やはり500ps近いエンジンを搭載するフェラーリ『F430』、1270kgという超軽量ボディのホンダ『NSX-R』といった少数のライバルだけだ。V8ヴァンテージは、ツーリングカー最高峰の1台と言えるだろう。

V8ヴァンテージ:6月30日に日本発表・発売。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集