日野、アーカンソー工場の起工式を実施

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車は、米国子会社の日野モータース・マニュファクチュアリングU.S.A.が米国アーカンソー州マリオン市で、新たに建設するプレス工場の起工式を行ったと発表した。

このプレス工場で生産するプレス部品は、同敷地内に現在建設中のアクスル組み立て工場に供給する予定。

起工式は、アーカンソー州経済開発局(ADED)のジョーイ・ディーン氏やマリオン市のフォグルマン市長、マリオン商工会議所およびウェストメンフィス商工会議所の理事なども出席した。

アーカンソー工場は、81万平方メートルの敷地があり、プレス工場の面積が4153平方メートル。2006年10月から、デフやリアアクスル、サスペンション関係部品を生産する予定。
生産能力は年産30万台で、総投資額は1億6000万ドル。従業員は280人を予定している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集