ヤナセ、アストラワゴン5台を日本赤十字社に寄贈

自動車 社会 社会

ヤナセは、同社の創業90周年を記念して、日本赤十字社に独アダム・オペル社製乗用車オペル『アストラワゴン1.8 CD』を5台寄贈した。

寄贈された車輌は、東京、埼玉、大阪、兵庫、福岡の5都府県にて日本赤十字社の献血広報車として使用される予定。

日本赤十字社で贈呈式を開催した。贈呈式では今回贈呈した車輌とともに、ヤナセが10年前の創業80周年時に寄贈し、現在も血液搬送車として活躍中のオペル・アストラワゴンも並べられ、その前でヤナセの井上隆裕副会長から日本赤十字社の近衞社長にマスコットキーが手渡された。

ヤナセは、公益性の高い団体に車輌を寄贈することを通じて、社会貢献活動を展開してきた。

創業70周年時には東京、横浜、名古屋、福岡の各消防庁、同支庁へメルセデスベンツ『O-309型救急車』5台を、80周年時には日本赤十字社へ血液搬送車としてオペル「アストラワゴンGL」を10台寄贈している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集