【ダイハツ アトレー 新型】カスタムターボだけで価格競争力に自信

自動車 ニューモデル 新型車

【ダイハツ アトレー 新型】カスタムターボだけで価格競争力に自信
  • 【ダイハツ アトレー 新型】カスタムターボだけで価格競争力に自信
  • 【ダイハツ アトレー 新型】カスタムターボだけで価格競争力に自信
  • 【ダイハツ アトレー 新型】カスタムターボだけで価格競争力に自信
  • 【ダイハツ アトレー 新型】カスタムターボだけで価格競争力に自信
  • 【ダイハツ アトレー 新型】カスタムターボだけで価格競争力に自信
新型ダイハツ『アトレー』は、グレード展開をエアロパーツを標準装備した「カスタム」に一本化した。だが、カスタムターボに一本化することで価格帯が上がり、低価格のクルマを求める声には応えられなくなるのでは……?

この問いにダイハツ工業商品企画部大野隆典さんは「価格の安いNAのモデルをご希望のお客様には、『ハイゼットカーゴ』の上級モデルをおすすめします。ハイゼットでも上級モデルならば、他社のNAワゴンと変わらない装備と居住性を提供できると考えているからです」とコメント。

事実、新型アトレーのカスタムターボRの133万3500円という価格は、ターボエンジンの4AT車と考えれば、ライバルのホンダ『バモス』やスズキ『エブリィ』と比べると割安な設定になっている。

ライバルの3ATのNA車が125万円前後の価格なのに対して、プラス8万−9万円程度で装備の充実したカスタムターボが購入できるのなら、確かにあえてNAの安いモデルを設定する必要はないかもしれない。

価格は消費税込みで「カスタムターボR」(2WD/4WD)が133万3500円/145万9500円、「カスタムターボRS」が(2WD/4WD)142万8000円/155万4000円。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集