【日産ティーダ 1.8リッター詳報】ダウンサイジングするユーザーを狙う

自動車 ニューモデル 新型車
【日産ティーダ 1.8リッター詳報】ダウンサイジングするユーザーを狙う
  • 【日産ティーダ 1.8リッター詳報】ダウンサイジングするユーザーを狙う
  • 【日産ティーダ 1.8リッター詳報】ダウンサイジングするユーザーを狙う
  • 【日産ティーダ 1.8リッター詳報】ダウンサイジングするユーザーを狙う
昨年秋に発売され、好調な販売を記録している日産のコンパクトカー、『ティーダ』とセダンの『ティーダ ラティオ』に1.8リッターエンジン搭載車が追加された。

新たに搭載された1.8リッターエンジンは、『ラフェスタ』の2リッターエンジンを1.8リッターに縮小したもの。組み合わされるミッションは、1.5リッターと同じエクストロニックCVTが組み合わされている。

価格は1.5リッターの最上級グレードの15Gと比較して、ティーダが12万6000円高の184万8000円、アクティブAFSが標準装備されないラティオは、わずかに価格差が少なく11万5500円高の184万8000円となる。

ティーダの開発責任者である日産自動車商品企画本部 松本秀二さんは「ティーダの購買層は『ローレル』や『セフィーロ』など、大きなクルマから乗り替えてくる方が予想以上に多くいらっしゃいます。そういったお客様からは、より大きな排気量を望む声が多く寄せられています。その期待に応えるために、この18Gを設定いたしました」

「大きなクルマから乗り替えを考えている方は、1.5リッターと聞くと、どうしても小さいクルマというイメージが払拭できず、それが障壁になってしまうこともありました。ですが1.8リッターを追加したことで、そういったお客様にも、より訴求力が高まったと思います」と語る。

確かに2リッター以上のセダンから乗り換える場合に、ティーダの質感や居住性に魅力を感じても、一気に2クラス下の排気量では物足りなさを感じる人も多いはず。ダウンサイジングを考えている人には、最適なグレードが追加されたといえるだろう。(つづく)
《岡島裕二》
【画像】【日産ティーダ 1.8リッター詳報】ダウンサイジングするユーザーを狙う(3枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース