【東京ボートショー05】今年こそシオっぽくなる

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京ボートショー05】今年こそシオっぽくなる
  • 【東京ボートショー05】今年こそシオっぽくなる
  • 【東京ボートショー05】今年こそシオっぽくなる
  • 【東京ボートショー05】今年こそシオっぽくなる
  • 【東京ボートショー05】今年こそシオっぽくなる
  • 【東京ボートショー05】今年こそシオっぽくなる
  • 【東京ボートショー05】今年こそシオっぽくなる
第44回東京国際ボートショーが10日から13日までの予定で、千葉県千葉市の幕張メッセで始まった。主催は日本舟艇工業会。自動車・二輪車メーカーも“エンジンつながり”で、トヨタ、ホンダ、ヤマハなど多数が出展している。

ボートやエンジンだけでなく、マリンレジャーグッズやファッションアイテムも展示・即売され、これからマリンレジャーを始めようという初心者向けの企画もある。

今年の展示の特徴は大型艇が増えたことと、船外機の4ストローク化が進んだこと。

90年代初めにバブル経済が崩壊すると大型ヨットなどの出品数は減少傾向をたどり、90年代後半はジェットボートと呼ばれる小型ボートでボート人口の裾野を広げる動きが見られた。しかし今年のボートショーではジェットボートの展示は少数だった。

日本舟艇工業会の資料もそれを裏付けており、2004年の年間出荷隻数は1813隻、03年比73%で数年来の減少傾向だが、出荷金額は107%と上昇に転じた。平均単価は234万6000円から346万3000円と、48%の増加。

また環境保全を主眼に、業務用を中心に、船外機の2サイクル機から4サイクル機への買い換え需要が高まっている。もともと船外機は、同じ馬力なら小型で構造の簡単な2サイクル機の人気が高かった。

年間の出荷台数ベースで、4サイクル機が04年は1万2579台で03年比138%、2サイクル機が1万0935台で99%となり、過半数が逆転した。馬力別で見ると2.2kW/3PS未満が4954台で前年比694%と伸びている。合計で2万3514台、03年比は116%、出荷金額ベースでは51億1900万円で03年比は106%。

11日から13日まではライフガレージ・キャンピング&RVショーが同じ幕張メッセで開催され、ボートショーの入場券半券を持参するとキャンピング&RVショーの入場料が半額になる。いっぽう、東京国際ボートショーと対になる大阪国際ボートショーは、3月4−6日、インテックス大阪で開催予定。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集