【マツダ プレマシー 新型発売】割り切ったパッケージング

自動車 ニューモデル 新型車
【マツダ プレマシー 新型発売】割り切ったパッケージング
  • 【マツダ プレマシー 新型発売】割り切ったパッケージング
  • 【マツダ プレマシー 新型発売】割り切ったパッケージング
  • 【マツダ プレマシー 新型発売】割り切ったパッケージング
  • 【マツダ プレマシー 新型発売】割り切ったパッケージング
  • 【マツダ プレマシー 新型発売】割り切ったパッケージング
新型『プレマシー』(7日発売)の最大の特徴は「6+One」(シックスプラスワン)と名付けられたパッケージ。

このパッケージについて、新型プレマシーの開発主査である福永賢一さんは「この割り切ったパッケージングは、他車にはないプレマシーの最大の魅力だと思っています」と語る。

「プレマシーのようなサイズのミニバンだと、7名で乗る機会は少ないと思います。そこで6名乗車時までなら、快適で楽しい車内が演出できる『6+One』というパッケージを開発いたしました」

実際に新型プレマシーは、中央席がないことでセカンドシートの快適性は大幅に向上し、サードシートの開放感も高まっている。めったに使うことがない7人目の席の乗り心地を若干犠牲にするだけで、何倍ものメリットを手に入れている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース