スバル B9トライベッカ 06年にも日本投入

自動車 ニューモデル 新型車
スバル B9トライベッカ 06年にも日本投入
  • スバル B9トライベッカ 06年にも日本投入
  • スバル B9トライベッカ 06年にも日本投入
  • スバル B9トライベッカ 06年にも日本投入

富士重工業の竹中恭二社長は14日の新年記者会見で、今年半ばに米国で生産・販売する上級SUVスバル『B9トライベッカ』の北米市場以外への投入について「世界展開の具体的な検討を始めた」と述べ、日本を含む主要市場での販売に意欲を示した。

竹中社長は、「為替変動へのリスクヘッジにもなるし、グループ経営を強化する観点からも、できるだけ早期に実現したい」と語った。別の首脳は、右ハンドルへの変更など日本市場の投入準備は「決定から1年程度でできる」としており、2006年にも投入される見通し。

トライベッカは、当初、北米市場向けのフラッグシップ車として開発したが、上級SUVは「日本や欧州でも一定の市場規模ができてきた」(竹中社長)ため、投入を図る。いすゞ自動車との合弁が解消された米国生産子会社の稼働率引き上げにもつなげたい意向だ。

《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース