トヨタのパートナーロボ、2020年には留守番や介護

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタのパートナーロボ、2020年には留守番や介護
  • トヨタのパートナーロボ、2020年には留守番や介護
トヨタ自動車は、2005年3月に開幕する「愛・地球博」(通称:愛知万博)のトヨタグループ館で楽器演奏などを行う「パートナーロボット」の将来像について「2020年までに留守番や高齢者介護などができるレベルをひとつのターゲットにする」(開発担当の白水宏典副社長)方針を明らかにした。

トヨタは、開発を進めている2足歩行ロボットなどを、人間と共存できるパートナーと位置づけている。介護の補助作業など日常生活のほか生産現場での重量物搬送なども視野に入れている。

開発では「運動機能のみを重視するのでなく、知能と身体機能のバランスが取れたロボットとする」(白水副社長)考えだ。今後は3年ごとに開発のベンチマークを設定して進化させていく。

白水副社長は20年当時に「私が生きていれば、是非パートナーロボットと一緒に暮らしたい」と、夢を語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 【愛・地球博】パートナーロボット、人間に近づく 画像 【愛・地球博】パートナーロボット、人間に近づく
  • 【トヨタ・パートナーロボット】演奏が意味する本当の進化 画像 【トヨタ・パートナーロボット】演奏が意味する本当の進化
  • 【ホンダ ASIMO 新技術】2010年、オフィスに来る 画像 【ホンダ ASIMO 新技術】2010年、オフィスに来る
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース