三菱 デリカスペースギアをてこ入れ、40万円値下げ

自動車 ニューモデル 新型車

三菱 デリカスペースギアをてこ入れ、40万円値下げ
  • 三菱 デリカスペースギアをてこ入れ、40万円値下げ
三菱自動車は、ワンボックスの『デリカスペースギア』を一部改良するとともに、値下げして25日に発売した。

今回の改良では、人気グレードの「シャモニー」を中心に、内装の質感向上やランプ回りの見映えを向上するなど、内外装のリフレッシュを実施するとともに、撥水ガラスや親水ドアミラーの採用など、視認性の向上を図った。

ヘッドランプエクステンションとコンビランプハウジングをシルバーの光輝処理にするとともに、フロント、サイド、リヤのターンランプやテールゲートランプをクリアレンズに変更した。内装ではメーター文字盤をシルバーに変更したほか、たばこ臭や化学物質を吸着して分解する消臭剤を天井材に採用した。

シャモニーには、新デザインのデカールをフロントドア部に貼付するとともに、専用テールゲートエンブレムのデザインも変更した。シート生地には人気のスエード調人工皮革アルカンターラを新たに採用した。スポーティなシルバーステッチの本革巻ステアリングホイールも採用した。

価格は約10万円分の装備を施しながら約30万円値下げし、40万円お買い得で、シャモニーのエアロルーフが254万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集