【日産 フーガ発表】ありきたりのセダンではない

自動車 ニューモデル 新型車

【日産 フーガ発表】ありきたりのセダンではない
  • 【日産 フーガ発表】ありきたりのセダンではない
  • 【日産 フーガ発表】ありきたりのセダンではない
  • 【日産 フーガ発表】ありきたりのセダンではない
  • 【日産 フーガ発表】ありきたりのセダンではない
日産から14日に発表されされた新型高級セダンの『フーガ』。長年、日産の高級セグメントを担ってきた『セドリック/グロリア』の後継車種となるだけに、日産が持てる力を集結して開発されたクルマだ。

新型車発表会の壇上で、社長のカルロス・ゴーン氏も「フーガは走り、インテリア、安全性ともにクルマに精通した、期待値の高い顧客の要素を満たしているクルマ。ありきたりのラグジュアリーセダンではありません」とコメント。フーガに対する強い自信をアピールした。

また、開発責任者であるセグメント・チーフ・プロダクト・スペシャリストの大澤辰夫氏も「パフォーマンスの高さが、セダンの本質的な魅力です。フーガは運転が好きで、個性のあるクルマに乗りたいと考えている方をターゲットに開発しました」と説明。フーガが、今までのセドリック・グロリアとは違うターゲットで開発が進められていることを解説した。

フーガはセドリック/グロリアの後継車種という立場はもちろん、高級車にドライバビリティを求めるユーザーに対しても、訴求力のあるクルマを狙って開発されている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集