【インプレ'04】松下宏  トヨタ『ポルテ』 背高&低床ボディはタウンユースで光る

試乗記 国産車

【インプレ'04】松下宏  トヨタ『ポルテ』 背高&低床ボディはタウンユースで光る
  • 【インプレ'04】松下宏  トヨタ『ポルテ』 背高&低床ボディはタウンユースで光る
ヴィッツ系のプラットホームをベースに左側に大きなスライドドアを持つ独自のボディを与えられたクルマ。大きな開口部を持つ助手席側からの乗り降りは極めて容易で、クルマへのアクセスのよさという点では見逃せない1台。背の高いパッケージングの採用で、サイズの割には広い室内空間を持つ。ただ、タワーパーキングには入らないので、このあたりのメリット/デメリットは慎重に判断する必要がある。

背の高さやスライドドアのために車両重量はやや重くなっていて、1.3リッターエンジンだとちょっと走りに不満を感じる部分もある。気持ちよく走らせるには1.5リッターエンジンを選ぶべきだろう。足回りはそれほど硬くはないのだが、荒れた路面では後輪からの突き上げを感じることもあった。アイポイントが高いぶんだけロールも大きめに感じられる。

乗降性を使い勝手を重視して、タウンユースを中心と割り切って選ぶなら、けっこうよいクルマである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集