【ITS世界会議名古屋】日産、光ファイバー通信の車載ネットワーク

自動車 テクノロジー ITS

【ITS世界会議名古屋】日産、光ファイバー通信の車載ネットワーク
  • 【ITS世界会議名古屋】日産、光ファイバー通信の車載ネットワーク
  • 【ITS世界会議名古屋】日産、光ファイバー通信の車載ネットワーク
  • 【ITS世界会議名古屋】日産、光ファイバー通信の車載ネットワーク
日産自動車は、18日から開催のITS世界会議愛知・名古屋2004に、光ファイバーを用いた通信方式「1394高速光ネットワーク通信」(※)システムにより400Mbpsの高速通信が可能な、マルチメディアプラットフォームを搭載した試作車を出展すると発表した。

今回出展するのは、車載用として初めてデータ転送速度400Mbpsの1394高速光ネットワーク通信システムを採用した試作車。

従来のアナログ回線では1本につき1つしか伝送できなかった映像情報を、1本のネットワークケーブル上で複数流すことが可能で、情報伝送のリアルタイム性を飛躍的に向上させる大容量データ通信を可能にした。

これによって安全装備や利便装備、車内のエンターテイメント環境などが発展する可能性が拡がる。加えて、車内ケーブルが光ファイバーに替わることでケーブルの重量を従来の約半分に軽量化した。

試作車では、大容量データ通信の例としてモニターを前後席にそれぞれ設置し、前席モニターは車両周囲7カ所に取り付けたカメラから伝送される映像を最大4つまで表示すると同時に、後席モニターにはDVDの映像を表示できる。

※1394高速光ネットワーク通信システム:データ通信規格IEEE1394に準じた光ファイバーを用いた通信方式。IEEE1394に準じた電線を用いた通信は、パソコン、デジタルカメラ等で既に実用化されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集