【インプレ'04】こもだきよし BMW『1シリーズ』 新たなアプローチでカタチにした秀逸な走り

試乗記 国産車

【インプレ'04】こもだきよし BMW『1シリーズ』 新たなアプローチでカタチにした秀逸な走り
  • 【インプレ'04】こもだきよし BMW『1シリーズ』 新たなアプローチでカタチにした秀逸な走り
コンパクトクラスまでにRFT(ランフラットタイヤ)を100%採用したことで、BMWがいかにRFTの採用に積極的なのかがわかる。

サイドウォールを固めることによって、空気が抜けてもボディの重量を支えることができるRFTは、乗り心地が硬いと思われているが、これはボディとサスペンションの作り方でうまく解決できることを『1シリーズ』で証明している。

このクルマのハイライトはなんといってもボディ。BMW全体を見ても、新しいボディ剛性の考え方でデザインされている。その魅力は、すでに『3シリーズ』を越えたといっていい出来だ。

「駆け抜ける歓び」を標榜するBMWだが、1シリーズは、そのスローガンにいっそう磨きを掛けた結果となった。また来年デビューするとウワサされている新しい3シリーズは、もっと大きな期待ができそうだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


こもだきよし| モータージャーナリスト
クルマ好きというより運転が好きなモータージャーナリスト。日本自動車ジャーナリスト協会副会長、BMWドライバー・トレーニングのチーフインストラクター、JAF交通安全委員会委員、警察庁各種懇談会委員などを務める。
《こもだきよし》

特集