【インプレ'04】伏木悦郎 ホンダ『エディックス』 ヨコ3座独立スライドシートは面白い発想だが…

試乗記 国産車

次々に新しいアイデアのクルマが登場する。その活力に溢れる状況が日本の自動車産業の強さの証明であるのだが、何でも肯定的になるのはどんなものか。

エディックスのヨコ3列×タテ2列レイアウトは取り立てて新しくはないが、センターシートをスライドさせて空間を演出する手法が面白い。それでも室内の雰囲気は国際線のエコノミーシート。率直にいって、密着して嬉しい人間関係以外では遠慮したい空間性しか持たない。

ルックスは悪くない。ワイド&ローのプロポーションには雰囲気があるが、リアが跳ね気味で落ち着かないハンドリングは要改善だろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


伏木悦郎| 自動車評論家
70年代にレースを志し富士スピードウェイで参戦。その間偶然知り合った自動車雑誌編集者にスカウトされる形で業界入り。78年から一貫してフリーランス。FRの魅力に傾倒し国産車によるコンパクトFRの再生が宿願。
《伏木悦郎》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集