【インプレ'04】津々見友彦 マツダ『ベリーサ』 女性への優しさを感じるクルマ

試乗記 国産車

【インプレ'04】津々見友彦 マツダ『ベリーサ』 女性への優しさを感じるクルマ
  • 【インプレ'04】津々見友彦 マツダ『ベリーサ』 女性への優しさを感じるクルマ
スッキリとしたセンスのいいエクステリア。インテリアはスポーティで軽快だ。室内の広さもルーフが高く、圧迫感はない。リヤシートはニースペースも広めだ。

パワステはやや軽目だが、それだけに女性でも扱いやすい。操縦性はほどよくスポーティな雰囲気で、気持ちよくトレースできるのが特徴。

1.5リッターエンジンはスムーズでしかも高回転でも静か。0-400m加速の雰囲気は19秒台で多少大人しいが、中速タイプの使いやすいエンジンだ。

リヤシートも簡単に折りたため、バニティミラーをグローブボックスに収納するなどの創意工夫も見える。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。
《津々見友彦》

特集