ダイムラー、フォードがバラードの燃料電池開発部門を買収

エコカー 燃費
燃料電池大手のカナダのバラード・パワー・システムは、ドイツの開発拠点バラードAGをダイムラークライスラーとフォードに売却することで合意したと発表した。

バラードAGは、燃料電池本体を自動車に適合させる技術を中心に開発している。

買収するダイムラーとフォードは、バラード社と資本提携しているが、この部門も傘下に置くことで、燃料電池の開発を加速させる。バラード社の発行済み株式900万株とバラード社が保有するバラードAGの株式50.1%を交換する方式で、バラード社は売却する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ダイムラークライスラー、ベルリンで燃料電池車を納入 画像 ダイムラークライスラー、ベルリンで燃料電池車を納入
  • 東芝、世界最小の燃料電池を開発 画像 東芝、世界最小の燃料電池を開発
  • 東邦ガスなど3社、愛知万博会場に水素ステーション建設 画像 東邦ガスなど3社、愛知万博会場に水素ステーション建設
  • キャパシタのパワーシステム、増資…オムロン、三井物産が増資 画像 キャパシタのパワーシステム、増資…オムロン、三井物産が増資
  • GMの燃料電池車、郵便配達車に利用 画像 GMの燃料電池車、郵便配達車に利用

特集