次世代低公害トラック、DME自動車の開発成果を発表

エコカー 燃費
コープ低公害車開発や独立行政法人産業技術総合研究所などは、硫黄酸化物やススを全く発生せずに、窒素酸化物の発生量も大幅に低減できるクリーンエネルギーのDME(ジメチルエーテル)燃料を使ったDME自動車の共同開発の成果を発表した。

共同開発に参加しているのは他に伊藤忠エネクス、JFEホールディングス、三菱ガス化学、伊藤忠商事、岩谷産業、福山通運、コモテック、小野測器。

開発成果によると排ガスがクリーンで高出力な車両総重量8トンの中大型DMEトラックの開発に成功した。このトラックは排気ガスのクリーン化、軽油の同クラスエンジンと比べて低速域から高速域まで、高出力、高トルクが可能となった。

今後、フリート走行試験で実用性、耐久性を実証する方針だ。このトラックは一回の燃料フル充填で600kmの航続距離が可能で、長距離フリート走行で試験する予定だ。また、今回開発したトラックは6月5、6日に横浜市で開催されるエコカーワールド2004に2台を出展する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • エコカーワールドを横浜で開催 画像 エコカーワールドを横浜で開催
  • 【人とくるまのテクノロジー】日野、環境と安全の最新技術を出展 画像 【人とくるまのテクノロジー】日野、環境と安全の最新技術を出展
  • ヤマト運輸、ハイブリッド車516台を導入 画像 ヤマト運輸、ハイブリッド車516台を導入
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース