【三菱再建計画】資本増強、投資ファンドが筆頭株主?

自動車 ビジネス 企業動向
【三菱再建計画】資本増強、投資ファンドが筆頭株主?
  • 【三菱再建計画】資本増強、投資ファンドが筆頭株主?
三菱自動車は、経営再建のための増資計画を発表した。総額で4500億円、最大で4800億円になる見通しで、増資で財務体質の改善を図る。

増資の内訳は、三菱重工業、三菱商事、東京三菱銀行、その他三菱グループで合計1400億円を優先株で発行する。加えて、東京三菱銀行と三菱信託銀行が債務の株式化で1300億円を予定しており、三菱グループで2700億円増資する。

また、三菱自が出資している中国の合弁工場の中華汽車が優先株で100億円、フェニックス・キャピタルが普通株700億円、最大で1000億円、JPモルガン証券が優先株1000億円それぞれ出資する。

増資の使途は事業再生が3200億円、負債削減が1300億円となる。

仮に投資ファンドのフェニックスが1000億円を出資した場合、ダイムラークライスラーに代わってフェニックスが三菱自の筆頭株主となる。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース