【インプレ'04】桂伸一  トヨタ『クラウン』 独得の雰囲気が感じられなくなったのは寂しい

試乗記 国産車
【インプレ'04】桂伸一  トヨタ『クラウン』 独得の雰囲気が感じられなくなったのは寂しい
  • 【インプレ'04】桂伸一  トヨタ『クラウン』 独得の雰囲気が感じられなくなったのは寂しい
クラウンらしい堂々とした出で立ちは残しつつ、よりスポーティな若々しさを持って生まれ変わったスタイリングは、若いユーザーの心にも刺さるだろう。

日本の速度レベルなら、乗り味、操縦性とすべてに欧州車を確実に上回った走行性能を持つ。欧州車に乗る同年代からそのよさを知らされたオトーさんも、これなら納得の味付けだ。

3リッターはさすがに余裕たっぷりだが、エンジンのサウンドや軽やかさという意味では2.5リッターが個人的にはいいと思う。

クラウンらしさでは、以前は目をつむって乗ってもクラウンと分かったが、新型はそれがない点が寂しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


桂 伸一|モータージャーナリスト
クルマ雑誌編集部員を経て、フリーランスに。執筆活動やビデオマガジンのキャスターを務める一方で、レーシングドライバーとしても活躍。ダイナミクス性能に、トコトンこだわるインプレッションが好評。
《桂伸一》

特集