JR北海道バス、4月から女性専用路線バスを運行

ジェイ・アール北海道バスは16日、今年4月1日から運行を開始する女性専用バスの運行概要などを明らかにした。車内に化粧直しなどに使える小さな鏡を装着した専用車両を使い、女性運転手6人が交替で乗務するという。

自動車 社会 社会
ジェイ・アール北海道バスは16日、今年4月1日から運行を開始する女性専用バスの運行概要などを明らかにした。車内に化粧直しなどに使える小さな鏡を装着した専用車両を使い、女性運転手6人が交替で乗務するという。

これはジェイ・アール北海道バスが明らかにしたもの。女性専用バスは4月1日から2路線で運行が開始され、札幌市手稲区内の営業所などから札幌駅前に向かう朝の上り便2本が対象となる。

車内の5カ所に化粧直しなどに使える小さな鏡を設置するほか、青りんごの香りがする芳香剤をセットした専用車両を使うことはもちろん、運転するのも女性運転手となる。

元々は「朝のラッシュ時に安心して、しかも快適に使えるバスがほしい」という、同社の女子社員の提案から導入に向けた検討作業がスタートしたという経緯がある。

鉄道の女性専用車導入は普及が進み、徐々に一般的なものとなりつつあるが、バス1台を女性専用車に仕立てあげるという取り組みは全国で3例目となる。しかし、女性の使いやすさを考慮した専用車両の導入という面では今回が初めてになるとする。

当然ながらこのバスは男性の利用ができないため、同社では女性専用バスが運行される前後に一般バスも走らせる。女性の利用客を専用車へ積極的に誘導することで、一般バスの混雑も緩和させる狙いもあるようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集