【トヨタ・パートナーロボット】生体に限りなく近い特性と制御

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ・パートナーロボット】生体に限りなく近い特性と制御
  • 【トヨタ・パートナーロボット】生体に限りなく近い特性と制御
  • 【トヨタ・パートナーロボット】生体に限りなく近い特性と制御
11日に都内のホテルでお披露目されたトヨタ製新型ロボット「パートナーロボット」は、人口唇でトランペットを演奏する。人口唇の詳細について質問したが、「特許出願中ということもあって、すべて秘密です」(ロボットを開発したエンジニア)とかわされた。

単に唇のような柔らかさの素材を作っただけでは、トランペットの演奏は絶対に不可能である。例えば同じ「ド」の音でも、高い「ド」と低い「ド」では吹き方が違うからだ。人間のトランペット奏者は唇の緊張度合いを微妙に調節して音の高さを調節する。

「今回発表したロボットは、人間がトランペットで出せる音域ならほとんど演奏可能です」(前出のエンジニア)。トヨタが開発した人口唇は、トヨタの発表を信ずる限り、生体に限りなく近い特性と制御を実現しているのである。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集