【JGTC】富士通テン、GT500クラスにスープラで参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
富士通テンは、2004年度全日本GT選手権(JGTC)シリーズで、GT500クラスに横浜ゴムとともに「ECLIPSE ADVAN スープラ」のメインスポンサーとして参戦すると発表した。

富士通は昨年まで全日本GT選手権には、GT300クラスにクライスラーの『バイパー』で参戦していたが、2004年シーズンはGT500にステップアップする。GT500は激戦だが、富士通テンは、新たに横浜ゴムと組んでトヨタの『スープラ』で「TEAM ADVAN ツチヤ」が参戦する。

チーム・アドバン・ツチヤは、土屋エンジニアリングが運営しており、初参戦から2003年までの19年間で、年間シリーズチャンピオン5回獲得している。スープラのドライバーは、織戸学選手とドミニク・シュワガー選手で、全戦上位入賞を目指す。

富士通テンでは、イクリプスブランドのプロモーション活動としてレースクィーン3人を起用し、サーキットでのイベント実施やホームページ上でレース情報を提供する。

全日本GT選手権は4月2日に岡山のTIサーキット英田で、第1戦が開催される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集