【インプレ'04】熊倉重春 スバル『フォレスター』肩ひじ張らない乗り味がスバル味だと思う

試乗記 国産車

【インプレ'04】熊倉重春 スバル『フォレスター』肩ひじ張らない乗り味がスバル味だと思う
  • 【インプレ'04】熊倉重春 スバル『フォレスター』肩ひじ張らない乗り味がスバル味だと思う
まさかフォレスターがこれほど締まった走りを見せてくれるとは、新作STi仕様に乗るまで想像もしなかった。それ以外の現行モデルは、パッケージングなどで初代を大きく凌ぐものの、やはりSUV的な腰高感が災いしていたからだ(とくにターボは)。

しかし、個人的には「速すぎる」と思う。最近やたらSUVの高性能化が目立つが、本来そうあるべきクルマではないはず。同時にシリーズに加わったL.L.Bean仕様の穏やかな快さが何よりの証拠だ。

旧レガシィのランカスターもそうだが、肩ひじ張らない滑らかな走行感覚こそ、本当の意味でのスバル風味だと私は思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


熊倉重春|モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集